One struggle more

情報系学生の戦闘記録

Raspberry Pi3にCentOS7を入れた話

 目次 

 

環境

OS : macOS(Sierra)

microSDカード 16GB

Raspberry Pi3 

なぜ、CentOSを入れたのか

ラズパイ3(Raspberry Pi3)に今までRASPBIAN JESSIE WITH PIXELというOSを使っていたが、最近サーバー関係の勉強をするにあたって導入したのが経緯です。

 

手順

ダウンロード

今回はRaspberry pi3なので、AltArch ReleasesのところにあるRaspberry pi3をクリックしてダウンロードしましょう。

 

 

URLはこちら。 

Download - CentOS Wiki

 

無事、CentOS-Userland-7〜〜RaspberryPi3.img.xzがダウンロードされましたね

 

次はxzコマンドを使って解凍しましょう。

ターミナルを開いてcdコマンドを使ってCentOS-Userland-7〜〜RaspberryPi3.img.xzがあるディレクトリまで行きます。

次に、xzコマンドを用いてファイルを解凍し、イメージ(CentOS-Userland-7〜〜RaspberryPi3.img)を取り出します。

xz -d CentOS-Userland-7〜〜RaspberryPi3.img.xz 

 microSDカードのフォーマット

続いて、microSDカードのフォーマットを行います。

ターミナルを開いてdfコマンドを実行し、今回使用するmicroSDカードが何番かを確認以下のコマンドを実行しフォーマットを行います。

diskutil umount /dev/disk番号

フォーマットしたmicroSDカードにイメージを書き込む

sudo dd if=CentOS-Userland-7〜〜RaspberryPi3.img of=/dev/rdisk番号 bs=8192

上記のコマンド行えば、書き込みが終わりラズパイにmicroSDカードを差し込むとCentOSが動くでしょう。

 

 

Raspberry Pi  起動後の設定